出会い系、ネットにログインしないでよ、袖ふれ合うも、他生の縁です

結婚相談所と出会い系サービスとの違い

出会い系とはここがちがいます!

「えっ、結婚サービス業ってどこも同じじゃないの?」
と思われる方は右の図をご覧ください。

C はいわゆる出会い系インターネット結婚相談です。
B は大手の結婚情報サービス会社です。
私どもの結婚相談所は A のところに該当します。

大手の結婚情報会社なら、安心できるだろう。
そうなのでしょうか。

新聞や有名雑誌に大々的なイメージ広告を掲載して、
ビジネス街の一等地のビルにキレイで豪華なオフィスを構えている大手結婚情報センター。
広告やパンフレットでは美男美女の新婚カップルが登場し、まるで素敵なラブコメディを見るかのように紹介されています。
確かに、そんな運命の出会いもあるでしょう。
ここであなたが知っていなければならない決定的なことがあります。
「出会い系インターネット相談」は論外!

「結婚情報サービス会社」とは?

あなたの希望に見合いそうな登録者の情報をコンピュータで割り出し、その候補者をあなたに教えてくれるだけ。
実質的にはマッチングサービスが中心の大手結婚情報センター。

送られてきた登録者情報の中にあなたが会って見たい人がいたとします。
そこであなたは「この人と会いたい」という希望を「結婚情報センター」に出します。
会社側はその相手に「このような方からあなたにお会いしたいという希望が入っています」という情報を送り、あとはその返事を待つだけです。

あなたが「会いたい人」に会えるように、この会社のスタッフが中に入り、その相手に交渉したり、段取りをするようなことはありません。

ここで相手から「OK」が来れば、お互いの連絡先を会社が教えてくれます。
お見合いが成立するまでのサービスはここまでです。その後二人について干渉する事はありません。
あとは自分たちで交渉し、会う日取り、待ち合わせ場所、時間等のセッティングは本人同士の自己責任で進めていくというのが通例のパターンです。

多くの情報があればいい。自分は人にコントロールされることなく、自分だけの意志で結婚相手を見つけていく」
という自立された方には便利なのかも知れません。
将来のパートナーとの「出会い」をまるでゲームのように「使いこなせる方」にとっては、充分な価値があるでしょう。

では「結婚相談所」って何をしてくれるの?

中小規模の「相談所」が数十社でグループを組み、そのネットワーク内で、それぞれの登録者をマッチングさせ、お付き合いのフォローをし、成婚まで導くサービスを提供しています。

グループ内の各相談所がお互いに抱えている会員さんの情報を公開し、「ご縁」ができれば相談所同士が責任を持ってフォローしていくというシステムです。
入会している会社の規模が小さくても、相談会社グループに登録している方々が全て「出会い」の対象となります。
(毎月500人加入、全国5万人)チャンスは大きく広がります。

お見合い「OK」の返事が来れば、双方の相談所同士でご本人たちの意向をくみながら、日程や待ち合わせ場所、時間を設定し、お見合い当日は紹介する場面まで同行します。
お二人だけのお見合いが始まります。
そして後日、それぞれの担当相談所が、今後お付き合いされるか、お断りをいれるかどうかの意思確認をし、ご本人に伝えます。

お互いが「お付き合いする」ということであれば、交際を始めていただき、「ご縁がなかった」場合、再びご本人に合いそうな方を探させていただくことになります。

全てのカップルが順調に婚約までたどり着くとは限りません。
交際を重ねる中で「フィーリングが違った」というケースも出てきます。
そんな交際途中の「お断り」も、トラブルになるような事のないように相談所が中を取り持って、調整していきます。

結果、注目すべき入会者成婚率は「結婚情報サービス会社」5%
「結婚相談所(仲人系)」32%と格差は歴然となってくる訳です。

(平成23年調査)

このページのトップへ